日記

渡って行かなかったカモ・・マガモ編

  毎日、すごく暑い日が続いてます。豊岡に比べると朝来の温度の最高は少し低くて32~34度でしたが、それでも30日には36度となりました。で、この頃の鳥見は夕方5時以降に行くことが多くなりました。

 以前に比べるとカルガモの数も減っています。河川の草や木を刈る大々的な工事のせいかと思われます。この2.3年、カモ達の楽園だったのが夢のようです。

 今年は渡り損ねたマガモ夫妻とヒドリガモのメスがいます。それを確認するのが私のメインの鳥見となってます。まずはマガモ!下の写真は6月24日に撮影。

 7月に入って、さすがにいなくなったと思っていたら、11日に、少し上流であれはマガモじゃないか?とエクリプスの2羽がいて(ということはオスが2羽?)写真は一羽のみですがもう少し右側に一羽いたのです。

 7月16日にはつがいのマガモを確認!今度は下流で・・エクリプス状態なのでカルガモと見間違ってしまいますが。17日、18日と同じ場所で確認・・

17日

18日

 その後、しばらく見つからず、23日に一羽のみ確認する。

 その後、26日にやはり一羽のみ確認・・・

 その後はどこにもいないので、30日、少し下流に行ってみるとあれ!もしかしてマガモじゃないかと・・

  

 このマガモが行った先には同じようなカモの姿を4羽、確認したのですが距離が遠くて・・らしいでしかない。けど、この分だと何羽かが留まっていると思われます。

 翌31日、雨が降らなくて、川の水量が減ったためにカルガモの姿がかなり少なくなって、今日は無理かと思いながら水量が多い堰を見るとあれ!マガモのメスのようだと・・

 すぐ近くにオスも確認、メスに比べると明らかに警戒してましたが・・

 こうして探していると意外と複数のマガモが留鳥になっている。エクリプスに変化して、この実に暑い夏を乗り切ろうとしている。どうか秋まで生き延びてほしいと切に思うのです。

 

すっかりご無沙汰です!

 いつからブログ、書いてないのかな? う〜ん!!3ヶ月も空いてしまいました。

 すごく忙しかったわけでもなく、病気になったわけでもなく、時間が取れなかったわけでもなく、ただダラダラと過ごしてしまっただけで・・・

 その間に鳥見を怠っていたなんてこともなく、川や野鳥園に行って、カモ見は毎日2時間は続けてました。

 そして満80歳を迎えました。誕生日にはそれを祝って、一人で但馬の温泉三昧をしました。でも友人ご夫婦が付き合ってくれるという嬉しい夕食になり、とても幸せでした。

 当日ではなかったけど、長男家族が神戸にある温泉ホテルで傘寿の祝いをしてくれました。それはとてもとても嬉しい日でした。

 で、これからもまだまだ元気でいられそうだし、老後を楽しむというのではなく、全く新しいスタート台に立って未知の世界を切り開いていきたい!と思い立った日でした。これから、もしかしたら20年もあるかもと考えると、時間はたくさんあるんだもの・・・いつもワクワク、ドキドキしていきたいです。

カワアイサは・・・

 カワアイサ、4月18日には4羽が残っていました。まだまだ行かないコ達なんだと思ってました。それでも他の多くのカワアイサはすでに渡りに入っていないのできっと、近いうちにはいなくなるだろうと。。

 しばらく私は神戸に行ってました。

 27日に帰ってきて、すぐに鳥見に出かけていきました。するとまだ1羽がいるではないですか!あらら、どうしたの?みんなもういないよ!と・・

 ちょっと寂しく見えたのは私の勝手なんですが。。次に日からは全く、見かけなくなったので渡って行ったのでしょう。去年のように渡らないでいるうちに羽に傷を負ってしまうと・・悲しいことになるからね〜https://yume-tsumugi.net/archives/5625

 

円山川の散歩コースで

 今年も冬鳥のカモが渡っていく時期になりました。で、こちらに帰るとすぐに散歩コースに出かけます。彼らがいるかどうかが最も気になる関心ことなんです。

 ということでまずは自転車で出かけていきます。するといつもの散歩コース仲間に出会います。あらら、誰かと思ったら、なんて言われながら、久々の再会を・・・

 今日はやたらケンケンという雉の声が聞こえてます。

  恋の季節ですね〜

 ここにも

 次の日も相変わらず

 返事が聞こえないんだけど・・・ね。

真ん中に水路の街

 この島を造る時に水の流れる街にしたかったのでしょうね。六甲ライナーに沿って、その下に水路が造られてます。夕方、ここはスーパー「ダイエー」の近く、カルガモのツガイが休んでます。

 こちらはファッション美術館前、ここでもカルガモが。もしかしたら上と同じカルガモかもしれませんが。。。

 餌を摂っているようですが、最近まで水がなかった場所に食べるものがあるんだろうか?と。

 

 こちらはチューリップ畑の近く、空が映り込んでて良いですね〜

 最近、足湯が出来ました。毎日、10時〜17時、湯は日々、入れ替えてて、結構、多くの人が入ってます。

散歩コースのひとつ

 昨日の続きになります。公園を通り抜けて行くと歩道橋へと続きます。ここを上がって降りるのかと・・

 仕事を終えて、家路に向かう人について行くことにしました。

 上がった場所、道路を横切る橋の上から海側を見るとこんな風景でした。↓

 そのまま行くと階段を下に降りるのですが、皆、降りないで左に折れる方に行くのです。その突き当たりを右に・・↓

 左に見えている道に進むとビルの中に入って行くような・・↓

 しかしこの通路はビル内に入る場所はなく、外側の廊下になっているので進むことが出来ます。真ん中、右手に見えてるのはファッション美術館です。

 突き当たりを左に曲がって、すぐ左に進む(下の写真はそれを進んで振り向いた状態)と・・即ちビルの周りに沿って進むと。

 出た場所は六甲ライナーのアイランドセンター駅近くでした。写真の真ん中、丸い柱の先を右に曲がるとすぐ駅です。

  

 上と同じ場所から右手の外を見るとやや青い通路の先に駅のプラットホーム(六甲ライナーは地上よりも上を走るので2階部分となります。地面からは3階ですが。)が見えてます。

 へー!ここに出るんだ。通勤、通学道路だったんだと納得しました。私にとっては家はここからだと近いし、時間が取れない時の散歩コースとしては最適です。

土曜日は・・

 晴天の土曜日、ラグビーの練習が終わった孫と息子の大好きなインドカレー屋へ・・激辛好きな息子に影響されて辛いのが大好きになった孫。この店、以前、孫ではなく私の方に辛いのが来てしまって、その辛いこと!!で、最近は私も並の辛さが物足らない。

 ランチの後、私だけいつもの散歩に。海沿いに来ると・・

 人がいないみたいなんだけど、たまたまいなかっただけで。白い建物はジャズを聴きながら、カフェの店。そのジャズは愛好者が弾くような・・↓右手には昔はこの場所から神戸シーバスが運行されていたらしいけど、今は使われてません。

 さてさて、その場所の右手の広場では魚を釣る人、自転車を乗りまわす子、スノボーの練習をする子などで賑わってました。しばらくベンチに腰をおろしてボォっと・・その間、前を走り抜けるランナーや散歩を楽しむ人たちが平日よりも多かったです。。
  

 海岸沿いから進むとすぐにアイランド野鳥園、その窓から見るとマガモ1羽とオオバン2羽、アオサギがいるだけで他のカモは見当たらず、マガモも仲間がいないか、探しているようでしたが・・

 野鳥園をあとにして、少し登るとシロヤマザクラのベンチが、最近はこのベンチに座っている人を見かけるようになりました。

 ここは甲南大学のテニスコート、葉桜の下、テニスボールの音が心地よかったです。

  

 橋を抜けて、少し行ったところで前を散歩する人が立ち止まってたので、何かなって見ると木立の下に珍しくカルガモのツガイが・・ああ、そろそろ子育ての時期で巣になるところを探してるのかも・・

 その場所を取り過ぎて少しすると、この頃、見つけた散歩コース・・仕事を終えた人が行くのでついて行くと、六甲小学校、その隣に公園があり、そこに吸い込まれていく。

 

 続きは明日

南魚崎の近くで

 南魚崎駅の下には多くのホシハジロが居ついていました。川沿いの朝来市では見ることが出来ないカモなのでとても興味があって、時々、見に行ってました。3月16日、六甲大橋を渡った日の翌日、まだ暖かくて日が翳らない時間帯に出かけました。

 暖かい日でした。ホシハジロが堤防で休んでいるのを見かけました。

 

    

 こんな日は体を温めたいのですね〜

 海ではホシハジロのオスも↑メスも↓のんびりと漂ってました。

 早咲きの桜を見ながら、堤防まで降りてみました。

 住吉川の堤防沿いの道に降りると、ヒドリガモのグループが餌を取ってました。

 彼らの位置まで1mもないのですが、全然、気にする風でもなく、こんな近くで目を合っても気にしてないようなのが私には新鮮でした。

 それはカルガモも同じでここでは人との共生が普通なんだと思ったものです。それが良いのかはわからないですが・・・

六甲大橋を渡る

 3月15日、前から歩いて渡ってみたかった六甲大橋に向かいました。この島からはこの橋を渡らないと本土(大袈裟な・・)にはいけないのです。

 六甲ライナーに乗っていると見える赤い橋です。右手にトラックが走っている道路です。その横に歩道があります。

 アイランド北口駅の横に橋への道があり、そこを下っていくと・・・

 大きく右手にカーブして、大橋へ誘ってくれます。

 その先を左に曲がると、左手には六甲アイランドに入る車が見えます。すでに橋に入ってても、まだ下は海ではなくアイランド内で近くの階段を降りれば島内です。

 ここから先が海の上です。対岸の魚崎が見えてます。先を歩く人もいました。

 さて、橋の上に来ました。下は海・・風が強くて、その上、誰もいない。

 たまたまなんでしょうけど、人とすれ違うこともなく追い抜かれることもなく、橋の中央部分を独りで歩き、対岸に近づくとやっと自転車に乗った人達とすれ違うという・・時間帯(16時台)だったような。

 荷物を乗せて走る人、学校からの帰りだったり、自転車に乗ることが目的だったりで、歩く人は少ないようにも思えるのですが・・・

 もうすぐ橋を渡るところまで来てるらしい。そこは急な坂らしく、自転車を押して上がる人が見えました。あの先が橋の終点なんだと・・・

 降りた後、ちょっと焦ったので、写真を撮り忘れてしまいました。で、後日、ライナーから撮りました。ライナーの線路の左下のカーブした道周辺が終点です。

 さて、終点まで来てから、気づいたのは降りた場所がライナーの南魚崎駅ではないということでした。その上、その場所から南魚崎方面に渡る橋が全くない工場地区でした。あら〜、どうしたら向こう岸に行けるの?行けないはずはないと探していると、うん!あのエレベーターのみの塔は何?

 そう!でした。このエレベーター(自転車だと一台しか入ることが出来ない)に乗って上まで上がるとライナーに沿って通路があって、南魚崎駅に行くことができました。

 やっと目的地に着いてホッとしました。久々、近くでホシハジロの集団を見て満足でした。

 すでに夕方で写真もボケてしまうし、すっかり身体が冷えてしまった上に寒いしで早々に帰宅しました。

             

散歩コースで出会いました

 ランチを済ませて、いつものように散歩に・・・公園を通り抜けて散歩コースへの階段を上がり、道に入ると、そこもまた公園になってて子ども連れのお母さんたちが遊具で遊ばせながら談笑してる。その脇を通って散歩コースに入る。このアイランドの散歩コースは通常の生活圏の外側、少しだけ高いところに造られている。その外側はコンテナの倉庫が多く、常に大型のコンテナ船が横づけされている。

 カサカサと音がして、鳥が飛び立ったり、止まったりしている。どこ?と見上げるといました!サトザクラ?桜の木の枝にヒヨドリが。。桜。好物なんですね〜

 野鳥園にはマガモがいました。やはりまだ行かなかったのですね。オオバンもいつものように何度も潜っては餌を撮ってました。なんとなくホッとです。

 週に一回ほどのペースでゴミ拾いをしてる方に会いました。10年間は散歩するだけでしたが、2018年9月の台風で大きな材木などが流れ着いて大変だった時にボランテイアで片付けに参加して以来、自分の意志でゴミ拾いを始めたのだそうです。ゴミがあるのが気になって・・

 なんでゴミを捨てていくのか!と腹が立った時もあったけど、今はそういう思いを持たなくなったと。。人間は神様でもなく、どこまでも完璧にはなれない生き物なんだ。自分はゴミがあるのが嫌だから拾っている、そんな性分なんだと・・う〜ん!!

 かってはフェリーの波止場だったであろう、唯一、海に面しているところを過ぎて、帰るコースに入ると今度はムクドリの群れが飛び交うようになりました。彼らが餌を取っているのは人がいない公園の中です。

 あれ!それは食べ物ではないよ!どうするの?巣に持っていくのかな・・

 彼らは雀と同じように群れでアイランド中を移動してます。ただし人慣れしてません。

最近のコメント

アーカイブ