気ままな日記を中心にこのブログ書いてます。
ブログを始めた2008年〜2013年4月は富士山と海の見えるまちにいました。
今は兵庫県の南但馬に帰ってきました。
織りをはじめたのが20年前、手仕事の面白さを発見するだけでなく、
そこから広がる世界に足を踏み入れました。
面白くて嵌りました。
そんな思いのあれこれ、日々の雑感なども含めて、つれづれに綴っていきたいと思ってます。
どうぞお気軽に遊びにきてくださいね。

新着の日記

稲荷神社

誕生日の翌日、素晴らしく美しい空!思い立って、伏見稲荷に向かった。

fusimi11

なぜ伏見なの?って・・何故だかわからないんだけど。

稲荷駅を降りるとすぐに境内に入る。りっぱな伏見稲荷神社の本殿がある。ゴールデンウィーク、この神社の周りの道も人と車で賑わっている。境内には外国人も多い。着物姿の若い女性も・・

JR東海のポスターでも紹介されている千本鳥居に向かう。人の流れに逆らわず、ただただ歩く。赤い鳥居が長く続く景観は美しい。しかし立ち止まることもできず流れに身を任せるしかない。

そんな鳥居を抜けて、まだ先に、階段と鳥居が続く。どんどん進むとさすがに登る人の数は半減するがそれでも多くの人が上に上にと登っていく。

鳥居と階段が稲荷山の頂上まで延々と続いていることは事前情報でわかっていたけど。それは自転車事故後の私にはかなりの強行軍。。。それでも・・登りたい。

fusimi3

行けども行けども、この鳥居と階段は続く。

fusimi2

人々はひたすら登る。外国の人々も多く、けっこう賑やかに登っていく。

fusimi4

見晴らしが良い場所で少し休憩。四つ辻の手前。なにしろ階段には休む場所がなく、空いていても聖域で座れない。こんな空間は嬉しい。

fusimi10

京都市内が遠くに小さく見えている。

fusimi7

定位置って、どこかしらね?

その後、四つ辻の茶屋でソフトクリームを・・暑くなった身体には嬉しい。さて四つ辻から御膳谷奉拝所、御剱社、一ノ峰、二ノ峰、間の峰、三ノ峰と巡る。30分コースらしいが・・健脚ならば行けると思うが、階段を登り、下るのは至難の業となる。30分はとても無理。息が切れて続かない。

fusimi1

写真はないが御膳谷奉拝所でご祈祷をお願いする。三つの峰の渓谷がここに集まって一の峰、二の峰、三の峰を拝する要の所。ここの奉拝所は小さな社だが目の前の御饌石の両横に天に向かって真っすぐに伸びたご神木が立つ。見上げるとご神木の上には青い空が・・神が降臨するにはふさわしい。今は田植えの時期、五穀豊穣の神様へ祈りを捧げた。

かってこの場所は普通の人が入れない聖域だったと神官さんから聞く。

fusimi12

山頂に向かって、ひたすら歩く、登る。着物姿の人たちや高いハイヒールの人、重い荷物をもった人、お年寄り(私もだが。。)、小さな子ども連れの方々は途中で諦めてしまうのだろう。登る人はかなり少なくなる。

fusimi0

やっと山頂に着く。山頂かと茶屋に訪ねる人がいるのかな?もうここまで来ると足の指の痛みが始まって・・とにかく戻りたい。

fusimi8

全行程、4時間の山歩きを終え、帰りの電車では爆睡、家に帰り着く。足の指やら、腰などなど痛みがあって、思いがけなくハードな山歩きだった。どこまでも続く階段という山歩きを初めて経験した。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

そうそう、途中の荒木神社で可愛いきつねのおみくじを求めた。帰って開けたら、今歳はすごく良い運勢になりそう!

 

花の季節が・・

ブルーベリーの花が咲いた。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

去年よりも花が多いと思っていた・・ところがある日、気づいたら・・

DSC_1172

ヒヨドリが4本の木の花をほとんど食べてしまった。

友人が自分ちのブルーベリーは来年、大きな実が付くからと花を全部、摘んだと聞いて、ヒヨドリはそういう仕事をしてくれたということに・・・

DSC_1173

そして足元にはエビネ、キエビネが咲く。これも虫食いだ・・

DSC_1171

それでも窓越しに見ていてると、気持ちが和む。岐阜の実家を思い出す。

 

危ない!落とし穴

まったく・・・こんなことが起ころうとは。。。という話です。

ニュージーランドから家に戻って、2日後、14日の夕方になって、例のカワアイサのその後を知りたくて、自転車で出かけました。円山川沿いの土手にある桜並木、NZに行く前はまだ咲き始めだった桜も散って、緑の葉がふさふさと風に揺れてました。山々は様々な緑色のハーモニー、それだけで嬉しくなる季節が始まってました。

春-2016.4.1

ここはカワアイサがいた場所、玉置橋周辺。10日前に比べると俄然、水量が多くなり、堂々と流れている。水鳥が少なくなって、当然、カワアイサの姿は見えなかった。とうとう北に向かっていってしまったようだ。

さて、私はその時、この写真の右手の護岸、橋の下を自転車を引いて歩いていた。カワアイサがいないことを確認して、前を見れば、自転車で走るにはちょうど良さそうな道、と自転車に乗った。

春-2016.4.2

自転車は快調に走る。が・・・

IMG_2614

春-2016.4.4

気づいた時はすでに避けられない位置まで来ていて・・左に避けたとしても、ゴロゴロしたコンクリート面、どっちにしても転倒は免れない。でも結局、避けることができない位置にいたと思う。

突っ込む瞬間、タイヤが上手く抜けるだろう!なんて、思ったのですが・・現実は

受けた傷の様子から考えられるのは、転倒する時、最初に左の太ももが自転車のどこかに当たって、それが大きな衝撃を受け止めたように思えるのです。次に落ちる時に右側の顔面とハンドルを握っていた両手がコンクリート面に当たったのでしょう。中央の前歯二本と唇からの出血でジャケットは血だらけになりました。まったく・・・出血って、ホント!ショックが大きいですね〜

少し落ち着いてから、立ってみると動けるので、ちょうど上にある整形外科で診てもらおうと、ジャケットを脱ぎ、チェーンの外れた自転車を引いて上がったのですが、すでに閉まっていた。あきらめて近くの自転車屋さんに行った。彼は驚いた様子でしたが、チェーンを直してもらって、血だらけの顔を水で流させてもらって、とにかく家に帰りました。家族も。。。びっくり。あちこちが擦過傷と腫れ!!湿布と保冷剤で冷やして。。さすがにその日は寝られなかったです。

次の日、歯科と整形外科に行き、骨折はしてないことを確認、一安心しました。

それから12日が過ぎ、しっかりと治療に専念した結果、今は90%、快復しました。

載せてる写真を撮ったのは18日、足は太もも以外は何もなかったので散歩は可能でした。擦過傷の顔をマスクで隠して。。それでも散歩以外は寝てました。。集中力がなくてね!

同じ18日、ここは玉置橋から下流に500mほど、昔からの散歩道です。春はあっという間に終わってしまうから、少しでも感じたいですよね。散歩道の春!!

春-2016.4.7

春-2016.4.8

桜が咲き始めた頃

久々、ニュージーランドに!!

山陰線の車窓から見える保津峡の桜、まだ咲き始めです。

2:4:2016~11:4-1

成田空港まで所要時間5時間、これだけでも長い。いつの間にか黒い車体になってるニュージーランド航空の飛行機。

2:4:2016~11:4-2

10時間のフライトの後、オークランドに到着。いつもと違って3時間早いフライトで来てしまい、空港内で家族を待つハメになってしまう。

2:4:2016~11:4-3

やっと家族と合流する。なつかしいモール街で。。

2:4:2016~11:4-4

その日の泊まりはオークランド市内から北に一時間、WhangaparaoaにあるモーテルWhangaparaoa Lodge。対応もお部屋も感じがいいホテルでした。お薦めです。(日本語通じます。)

2:4:2016~11:4-5

次の日、ニューマーケットの美容院Lanでフィジーのぶつ切りカットから可愛く変身!

2:4:2016~11:4-6

ニューマーケットはかなりオシャレな街になっていくようだ。でも日本らしき店の名は明らかに日本人の店ではないと思える。

2:4:2016~11:4-7

さてさて孫が最も行きたかった場所、Takapuna Primary Schoolのアフターケアスクールに。ずっと気に入ってフィジーでも着ているスクールの制服で・・

2:4:2016~11:4-8

先生達があたたかく迎えてくれて、グランドに!みんな元気だ!

2:4:2016~11:4-10

どこにいるのか、わからないほどに。。。とけ込んでしまった。

2:4:2016~11:4-9

その後、孫たちが二年間通ったChild Pre-school Educationにも寄る。先生からの歓迎を受けて、充分、満足した!子ども達でした。

土曜日

小さな庭に入るキラキラとした日差しをカーテン越しに見ながら、パソコンを開けて、このブログを書いている。幸せな時間だと思う。さっきまで自転車に乗って、円山川沿いを走っていた。カワアイサを見つけて安心して帰ってきた。17時だというのに青い空が見える。

昨日の朝は皇居の周りを歩いていた。何年か前、今は閉館してしまった「ふくおか会館」に宿泊することがあった。今回はその前の散策道を歩いた。ふくおか会館は今もそのままだった。懐かしかった。

IMG_1954

東京に行くと、変わってしまった場所の方が多いけど、ここは変わらない。ここではすでに桜が咲き始めていた。

IMG_6291

目的地は国立近代美術館「安田靫彦展」。着いてチケット売り場に行く。開館時間まであと10分だった。前から3人目だった。以前に比べると長い列になることはなさそう・・。

じっくりとマイペースで鑑賞できた。ここでも感じたけど、最近はどこに行っても外国人が多い。

IMG_1956

「所蔵作品展」も観る。眺めが良い場所という案内に導かれて行ってみると確かに眺めが良かった。

観ることに没頭していて、ふと時間を確認するとおっと乗り遅れてしまう。。いつものように駆け足での東京、その後、浜松に寄って用事を済ませて帰ってきた。

浜松駅でも東京駅でも京都駅でも乗客が多い。子ども連れも多い。春休みということだけではなく移動が増える時期なんだろうか。浜松駅でもチケットを買い求める人が売り場の外に並ぶ。

IMG_1957