気ままな日記を中心にこのブログ書いてます。
織りは最近、ちょっとお休みしてます。

この4年、オセアニアの国に行くことが多くなって、そんな国での体験のあれこれを・・・

もちろん日本のことも・・・

新着の日記

この2年間のフィジーのこと

2015年からフィジーに時々、来てます。

今までここでの暮らしに一杯いっぱいでブログまで手が回らなかったですが、今回はなんとか書いてます。ここで見聞きしたことを記録したくて。2015年のことも2016年のことも今年のこともごちゃまぜになってますが。

いろいろと日本と違います。日本のように便利ではないし・・私の子どもの頃のようかな?・・けど全く違ったり・・当然ですよね。違う国ですもの!

でもやっとそれに慣れてきました。ここにいるとまあいいか!とアバウトになります。

でも来週には帰国します。それまでどれだけ書けるかな?!です。

船が入ってくると・・・

スバの港に大型客船が入ってくると、パイロットとタグボートが活躍するのは紹介しましたね。寄港の際には他にもいろんな人々が働いてます。

パイロットが波止場に移動します。

大型客船が接岸し始めます。

タグボートが見えます。

接岸するのを見守るように何人かの人々がいます。この人達の仕事はこれからです。ほとんど接岸キリキリの場所に来ました。パイロットもタグボートも一旦、離れました。

その間、約10分、船からロープが一本下ろされました。

船をしっかりと固定するロープを張る人たちでした。

陸からだけでなくボートも使ってロープを張ります。

タグボートも加わってます。クレーンみたいな機械を使わないのですね。こういうものなんでしょうか?

しっかりと二カ所のビットに固定されました。

人の姿がなくなり、タグボートも離れていきます。約35分間でした。

これで終了かと思ったら、またまた人がいました。何しているのかと・・・

洗っているのですね〜 

 

 

畑の持ち主は。。。

この前、狭い畑って、書いたけど…実は違うって、気づきました。狭いどころか、大きな畑でした。昨日、畑のおじさんらしき人が小道を登って帰っていくのを見てました。ちょっとよそ見をしている間に姿が見えなくなって。。あらら、どこに?

で、あっ!と気づきました。そういえばここの上のプールから撮った写真だと丘の上に家があった。この写真です。右手の丘の上に。

そして下の写真では右手に屋根が見えてる家がおじさんの家だと思われます。写真では見えないですが左手の家の周りには柵があって、こちらには来れないのです。ということで、この一面のキャサバは右手の丘の上の人が植えたのでしょう。この丘と谷全体が畑となります。

きっと住宅地として開発される前、この辺はこういった畑がたくさんあったのでしょうね。

そういえば…港で

大型客船が来なくなった2015年10月30日の朝、コンテナ船とか貨物船が忙しく湾内を移動してました。一隻の中国船もしくは台湾船が入ってきました。が…しばらくすると傾いているように思えたのです。

やはり動けなくなりました。ここはサンゴ礁の湾、岸に近いと浅いのです。そこに乗り上げたのでしょうね。それにしても積荷も半端ないですね〜

すると、なんと、パイロット船(水先案内船)が押し始めました。こちらから見えない側にも他の舟がいるみたいでした。

そんなのでいけるわけ?って思ったけど…

いけちゃいました。

何事もなかったみたいですね。

パイロットって、いろいろしてしまうのですね〜

 

大型客船

この国はサンゴ礁に囲まれた島、首都スバは自然がつくった湾をうまく利用して大きな船が寄港できるようになってます。大きな客船が寄港するとタグボート(引船)と水先案内船が実に上手く港に接岸させます。たまたま港がよく見えるホテルに長く逗留しました。

様々な大型客船が寄港しました。特に2015年10月は多かったです。

初めて見たのは2015年5月でした。「SEA PRINCESS」

次が6月になって、「LEGEND SEAS」

平行しているオレンジ色のこの小さな舟はPILOT、水先案内船です。

6月8日 アメリカ軍の病院船。日本の自衛隊員も乗ってました。

日本に帰国し、9月に再び訪れました。そして同じホテルに逗留。

10月10日、「VOLENDAM」と「CARNIVAL REGEND」

10月17日、「P&O」( PACIFIC PERL )二隻の舟タグボートは港の入り口から誘導し、接岸のために船の向きを変えます。

寄港すると、いつもフィジー警察の音楽隊が迎えます。

10月18日、「DAWN PRINCESS」

10月19日、「HOLLND AMERICA LINE」

10月25日、「 HAPAG LLOYO 」近隣を廻る船かしら

10月28日、「Celebrity SOLSTICE」.  大きい!

接岸中、乗客が。。。いろんな国の人が乗ってるようです。

20月29日、「COSTA LUMINOSA」 これも大きい。すでに他の船が寄港し接岸しているのですが…

接岸は波止場角キリキリに寄せ、ロープで固定します。このぐらいの船の大きさだと大がかりですね。

その後、11月に入ると客船は来なくなりました。11月の中頃、ホテルから港が見えない所に引越したのでそれからのことはわからないです。

大きな客船はのんびりと世界を廻るという夢がありますね。

でも、こんな舟で休日を楽しむのも良いですね。