気ままな日記を中心にこのブログ書いてます。
織りは最近、ちょっとお休みしてます。

この4年、オセアニアの国に行くことが多くなって、そんな国での体験のあれこれを・・・

もちろん日本のことも・・・

新着の日記

薔薇の話

 ある日、花屋の前を通った。そう言えば薔薇の花を飾りたいと思っていたことを思い出して花屋に入る。母の日の準備で忙しく働いている花屋さんでしたが。「薔薇の花をください」と言うと、「薔薇ですね」といくつかの薔薇の花を指して「どれにしますか?」と聞かれたので「香りの良い花がいいです。」と応えた。

 ところがガラスケースの薔薇の匂いを嗅ぎながらの「香りのあるのはないですね」と言うのです。確かにどの花も匂いはない。仕方がないので、それでもいくつか買って帰りました。

 花を生けながら、あれ!と思ったのです。薔薇=棘、という、あの茎を持った時の痛みが全くなかったのです。そういえば棘はどうなの?と茎を見て、どこにあったっけと探すのだけど…どの花にも棘がなかったのです。なんとなく気抜けしてしまいました。

 せめて香りは残してほしかった!!

香りがある薔薇を求めたい!

燕 その二

 わが家のベランダの燕、なんと5羽の雛が孵ったのでした。

親鳥がせわしく餌を運んでます。

なるべく近くで撮りたいですが、警戒していて…

ガラス戸を挟んで撮ってます。

親鳥はだいたい4分位の間隔で餌を運んできます。

 毎日、小燕たちの糞を片付けるのに真下に行くのですが、以前のような警戒の鳴き声はなくなりました。こんなに小さな巣にいて、大きくなっていくのですから、5羽とも生きられるのか、気になります。

 

 4年ほど前になるのですが、ある日、塀の隙間にユウガオが可憐な花をつけているのに気づきました。

 塀の木との調和が良くて、毎年、夏になると楽しみにしてます。以来、ユウガオを抜かないで楽しんでます。と言っても庭に生えた雑草は全部はとりません。根がはびこらないかぎり…

 「蔓もの」って、いいな!と思うようになって、目隠しにもなるから、庭師さんと相談して、いくつかの蔓ものを昨年、植えました。

そして今年!

 家の中からは気づかなくて、外から家を見て、いつの間に、こんなに花が咲いていたんだと。。

感動しちゃいました。

 塀の上に咲き誇る白い花、テッセン(和ものだと思っていたら、クレマチスが入ったもの)です。

白い花って好きです!

まだ花が咲いてないですが…ここには他にも郁子(ムベ)、あけびなどの蔓ものが植わってます。

あけび

郁子

これは日本のものではないのですが…

 これらが絡んで咲きだすとどんな塀の状態になるのでしょうね。

  とても楽しみにしてます!!

 

つばめ…雛が

 我が家のベランダにある巣に来たつばめ、私を警戒しながら、卵を抱き続け、とうとう雛が孵ったようです。

糞を受ける新聞紙に割れた卵がふたつありました。

 二羽の雛がいるのでしょうね。時に留守をするようですが、以前に比べるといつも巣にいて、雛を守ってます。

 糞が落ちるので新聞紙を変えようとすると親鳥は飛び去ります。警戒しなくても良いのだけど…と言っても彼らには通じないですね。ある時は二階の窓を開けて外を見ていると電線に止まっていたつばめが私の近くに飛んできて飛び去りました。?と思ったけど、あれは威嚇だったのですね〜

 今も餌を運んで来ました。私の姿を確認すると急いで飛んで行きました。まあ馴染むはずはないですよね。そうそうつばめは人が住まない家には寄り付かないんだそうです。人が居るから、天敵にから守られるということ!この場合、持ちつ持たれつの関係ではないけど、そういったことって、面白いですね。

暗くなると、もう一羽は必ず、玄関のセンサーの上で休んでます。

 これも人が守っているのですね〜

 

久しぶりに参加!

 但馬学の4月例会に参加しました。一年に2、3回しか参加できないのですが…

 今回は大屋町のミズバショウ公園でした。この時期はその土地の草花がたくさん見られて良いですね。大屋の水芭蕉は西日本唯一の自生地なんです。ここは湧き水が多い湿地、それも底なしの湿地、その昔から間違って入り込んで命を落としたという話が伝わってます。いわば、そんな場所でここの水芭蕉は一万年前の氷河期から生き延びてきたと言われてます。

ここは底なしの湿地、管理作業は大きな板を渡してするんだそうです。

 この日の水芭蕉は最もたくさん咲く時期を過ぎてしまっていたのですが、それでも1000株以上が咲いているということでした。講師は菅村定昌さんで公園内に咲く湿地植物や山菜の観察会でもありました。詳しくはFBの但馬学研究会のページに(https://www.facebook.com/tajimagaku/

 可憐な草花に魅了されながら、良い時間を過ごしました。菅村さんが事前に作成された小冊子を見ながら、観察しました。菅村さんにはずいぶん昔から草花の名前を教えていただいているのに、いつものことですが覚えられません。

カナビキソウ?なんか違うような…

 今回、ひとつだけ覚えられたのは十二単。大屋の天滝にしか見ることができない植物です。

十二単

 ということで冊子を見てもわからないし、本でも調べられない。でも、見落とすような小さな花がいくつも咲いているのです。小さな花だけど、よく見ると可憐だったり、美しかったりするのでとても癒されました。

そんな穏やかな1日を過ごすことができました。