ベガ

旅の絵本

 このところ、家に潜んでいる。と、友人が外に誘ってくれた。コロナ時代、狭い場所には行けない。外で過ごす場所を探して、それぞれの車で出かけた。たまたま日曜美術館で安野光雅を取り上げていたので久美浜にある「森の中の家安野光雅館」に行く。

 我が家から久美浜に行く時は夜久野峠を越えて行くことが多いし、ナビもその道を案内するので久々に峠を越す。以前はジグザクと山に沿って、曲がりくねった道でがけ崩れの後を気にしながら走った。なんと谷をゆったりとカーブしながら降りて行ける新しい道になっていた。その前後は以前と変わらないけど、走りやすくなっていた。

 1時間ほどで着いた。ここは何度か、訪れている。友人たちは豊岡なので近くて、すでに着いたいた。レストランの外の椅子に座っているマスクで顔を覆った怪しげなふたりと合流。

 安野光雅館に入ると鑑賞する人が思ったよりも多い。一枚の絵の中に潜む多くの動物を探すという企画もあり、絵の前で盛り上がっているし、私たちも探す。30年以上前に「旅の絵本」を買って以来、安野光雅のファンなので、その頃の子どもたちとの会話を思い出す。旅人を探したり、神話や童話、聖書、などなどの一場面を見つけることが面白く、夢中になって、絵の世界に入り込んだものだ。

 たぶん、「旅の絵本」のⅣまでは読んだと思う。Ⅴはどうだったか、覚えていない。で、ⅤとⅥ、Ⅷを買った。「旅の絵本」その2枚目をめくると、Ⅴはスペインのカダケス、Ⅵはデンマークのスケーエン、Ⅷは日本という。それが下の写真。

 旅人は小舟から浜に上陸して、その国を旅して行く。デンマークと日本の浜の様子は他の本でも同じような小さな村に着いて、そこから物語は展開していく。スペインのカダケスは村ではなく町なんだと思った。もちろん、波止場は町(街)が多いからね〜

 例えば、フィジーのスバもそうだった。けど、大きな船が着く港。

 この大きな船の港の近くでは仕事に行く人や物を運ぶ人たちの船が行き交っている。船着場の周りには人々が集っている。

「旅の絵本」の旅人が上陸する浜は小さな村や町がいいな!

フィジーだったら、こんなところかな。

 スペインのカダケスの町の雰囲気は人の声が聞こえて来るようで、懐かしさを感じて、いいね〜

 などなどと勝手な感想を述べながら、実は楽しんでいるわけで・・・

 その後、レストランでランチ、庭のテーブルで2時間ほど、おしゃべりしてから、時間をかけて徐々に造られている森を歩いた。いつの日か、ゆっくりと散策できる森の公園になるだろうねと話しながら。。。

 そして、それぞれの家に向かって帰る。山の中ばかりを走った。雪がすっかり消えていて、暖かで春!?と勘違いする日だった。

 

ふとんを干しながら思う・・

 今日は暖かくて、良い天気!久々にお布団を干そう!と思った。

 ここ但馬は天気が雨が多く、天候も変わりやすいので、ふとんを干すという習慣がない。私が横浜から越してきた頃、晴れた日に屋根の上に布団をいっぱい並べたら変わった人!と思われた。それでもふとんを干した後の匂いが好きでよく干していたっけ。

 今回は30分経ったら、ふとんを裏返すということにした。その間に他のことをしていると、30分って直ぐにきて、結構、忙しい!!せっせと仕事をこなしているといい気持ちになる。じっと家の中で過ごしていても、こうして外に向かって全開している開放感かな。

 こんなに晴れた日は窓のカーテンも全開にして、お日様を歓迎する。窓辺に置いている、この彫塑は50年前に買ったマイヨールのレプリカ、実際の大きさかどうかはわからない。あの頃は毎週日曜日に高田馬場で彫刻を教えていた橋本先生のアトリエに通っていた。ロダンもマイヨールも好きだった。2008年にフランスのマイヨール美術館で観たのだけど、たぶん、同じものを目にしたような。。。

 これは大学時代の恩師、長沼孝三先生の作品です。

 結婚のお祝いでいただいた先生のレリーフです。

長沼先生の彫塑館です。https://www.bunkyounomori.com

 ずっと行きたいと思いながら、行けてません。

 ふとんを干すために外を身をのりだして、周りを見るのは久々!!そうそう、この前から気になっていたことがある。それはこのトネリコの木の枯れ方。

 トネリコはバットなどに使われる弾力性が高い木なので、こんな風に重い雪がのると耐えられないのだとつくづく思う。この木は雪の多い場所には不向きなんだと思う。雪を落とす作業をしないといけない。それはちょっと今の私にはキビシイな!

 あれこれ思って、何度もふとんを替えて干して、もう2時半、そろそろ終わりにしよう!

 こんなに良い日なのに外を歩く人は少ないような・・と思っていたけど、徐々に家族で散歩する人、押し車に頼りながら友人と話している老人も。そうそう、こんな日は散歩だよね。

 

家から外を眺めて暮らす

 今日もまた家から出ないで一日が終わってしまった。鬱状態でもなく、何かに夢中になっている訳でもないのだが・・・

 そんな日が続いて、自転車は”もし転んで大腿骨とか骨折しても入院できない現状なんだから、乗らない方が良い”と息子から言われてるんだけど、気持ちよく走りたくて乗ってしまった。この自転車、ママチャリだし、足がすぐに地面に着くし、大丈夫よと。。

 家には古いんだけど、サイクルマシンがあって、テレビを見ながら漕いでいるが、やはり風にあたりながら、走るのは気持ちがいい。以前の自転車に比べると3段階しか、ギヤをチェンジできないのが難点だけど、ひとっ走りして、ついでに買い物して帰ってきた。

 今日はあまりにも良い天気なので散歩に出かけた。犬のゴン太と散歩したコース、川には水鳥が群がっている。マガモ、カワアイサ、オオバンかな?他にもいるけど、名前はわからない。今、堤防は工事中で散歩道は歩けないので下の川に沿って・・・

 

 進むにつれ、枯れた雑草が邪魔になってきたけど強行!し、堤防に上がる階段のところまで何とか行けたが、春になったら、蛇とかに出会いそうで、このコースは無理だな。

 駅の裏手を歩く。とすっかり朽ちてしまった機関庫が・・・

 この道の左側は今様の家々が建ち並んでいる。明治45年に建てられた機関庫、この道を横切ると100年という時間が流れるのか?!なんて思った。(笑)

この鳥は?

 先週の日曜日、雨だけど散歩に出かける。なに?と思う数の鳥たち、カラス?でも違うのかな?近ずくとどんどん先の木に逃げていってしまう。たぶんトビのように思ったけど・・確認したいけど、双眼鏡もないし、私の携帯ではここまでしか写せない。

 水曜日、曇り日だけど、散歩に出かける。この前の散歩道ではなく、堤防沿いを歩いて行き、川沿いに入るコース。

 やはりトビなんだ!

 何羽か空高く舞っている。

 土曜日、近寄って見たいと行ってみた。この前もそうだったけど、田んぼの中に何羽か留まっている。

 もう少し、望遠にして写してみた。こんなにいて、食料はあるのかな?

上空で舞っている。

 トビはこうして集団になることがあるということを知った。彼らの食料はカエル、トカゲ、魚とかを食べるけど、人間のゴミもあさるし、時には人間が食べているものをさらって行くこともあるらしい。うーん!雑食なんだ。

 そう言えば、昔、ニュージーランドで食べていたフィッシュ&チップスの魚をカモメにとられたことがあったっけ。

 寒い日でじっくりと見てられないけど、トビについて、少しわかったのはよかったかな。

 人間の世界では新型コロナの感染もあるし、鳥インフルエンザもあり、野生の生き物も安全ではないと思う。それでも見ているだけで癒されるのは、彼らがどんな時も変わらずにたんたんと生きているってことなのかもしれない。

そしてよく見れば、美しい!!

 

 

 

散歩は川沿い

 今日は久々の晴天! 家で過ごしているのはもったいないと散歩に出かけた。家から円山川に一番近いコースで行く。それでもそこまで10分近くかかる。おっと特急が!!この鉄橋の下を潜って進む。

 川沿いは生活圏ではない。いくつかの橋の下をくぐる。以前、この場所を自転車で走って、溝に蓋がなく怪我をしたっけ。。http://yume-tsumugi.net/archives/3428

 次の橋を抜ける。ここは今も生活圏のようだ。間に線路があるので・・少し危ないけど。昔からの階段もあり普通に使われていたのだろう。

 次のバイパス道路の橋の下をくぐり、振りかえる。ここまでは河川敷が藪に覆われて、川面が見えにくい。

 川に並行して、鉄道が走り、その先に家々が並ぶ。この通りは旧道で古くからあった場所。

 さて、もうひとつの橋をくぐって、やっと川が近くになった。

 川の水は意外と澄んでいる。水鳥が泳ぐ。これを見たくて来たのだけど、私の携帯はここまでが限度なので鳥の種類が特定できない。最近はカメラを持って行くのが重いし邪魔なので。携帯を新しくすれば良いのだろうけど・・・

 鳥は少しでも近寄ると逃げてしまうので、じっと動かない岩のようにならないと無理なのかも。そこまでは寒くて無理よ。(^^)

 川沿いを歩いていると途中で1mほどの水路が先を遮る。まさか飛ぶのは無理だから、迂回する。河川敷に造られて、今は使われなくなった公園を横切って進む。

 おっと、特急が姫路方面に走りすぎた。最初に見たのは山陰線、こちらは播但線。どちらもコロナ自粛で乗客の姿が確認できなかった。

 ここから、川沿いに移動する。が、鳥たちはいなかった、たぶんもう少し上流にいるのだろう。

 もう少し歩く。振りかえると町がかなり遠くなった。

 この場所から粟鹿山が見えるというのを知った。この山はこの辺りでは最も高い山で登山道が設備されている。30年ほど前にはよく登った山。気楽に登れるので犬を連れて登ったりした。あの頃は鹿にあったりすると感激したが・・

 そろそろ帰るとするか!と。雲もなく太陽がさんさんと光を放っているので撮る。まるで夕方のようになって・・・それなりに美しい!

 そして、今来た道を帰った。歩いた距離は約4㎞、所要時間は1時間を超えていた。舗装されていない場所なので足場がよくはない。以前に比べると登ったり降りたいするのが危ういのを知って、これはまずいとつくづく思った。

小さな幸せ

 大晦日の雪、2日の寒波による給湯機の凍結、それがずっと続くのかと思っていたけど、その後は寒さも緩んだ日が続いている。北陸から北は大変なようで、いつもはこの朝来とほとんど同じだねと話していた秋田の友人のところは雪があるような・・・

 今日は暖かく、明るい陽射しが入ってくる。カーテンを全開にして、お日さまを呼びこむ。

 庭のブルーベリーに陽があたって、一層、赤く輝いているような・・

 ちょっと切りとってみよう!

 それを水盤に写してみた!

 薄氷が拒否しているような・・

 でも、暖かくて、明るいのは幸せ!

目標!

 最近、家にこもることが多くて、時にスッピンで過ごす日が多い。マスクをして、メガネをかけているとそれで良いと思ってしまう。

 けど、それが老化を進めていることに気づいた。鏡を見て、皺だらけの顔に愕然とした。旦那が75歳過ぎた時、それまでは10歳は若く見えたのに、痩せたこともあって、皺がどんどん増えて、急激に10歳以上、歳をとってしまった。で、彼曰く、あんたも75歳過ぎたら、こうなるよ!って、今年、78歳、そのとおりになってきたじゃない!

 鏡の中に見つけるのは母!母ほど優しい顔ではないけど・・・

 82歳、こんな笑顔の人になりたい!!

 そう思って、規則正しく、真面目にお手入れすることにしましたが、たぶん母の心には近づけないでしょうね。

晴天

快晴!

 夕方から雪になるらしい。ずいぶん前になるが、山陰の海で漁師をしていた人から雪が降る日は晴だと聞いたことがある。まさに今日のような快晴なんだろう。

 めずらしく庭の階段に霜がついていた。8時の温度は-3,4度、かなり冷えこんでる。昨日の同じ時間は2、6度だった。6度の違いは大きい。

塩のような霜

自転車は・・・

 

 家に篭る生活は体力が低下する。今日は自転車で走ることにした。孫たちが帰ってしまって、その後、乗ることがなかったせいか、ペダルを回すと重い!なんという体力のなさか!その上、このところ、ペダルを回すたびに擦れる音がしている。で、自転車屋さんに寄った。

 擦れる音はすぐに解消、重かったのはタイヤの空気が減っていたという理由だった。確かに空気が入ると、さっきまでが嘘みたいに軽い!!

 その後、快適に走って、必要な買い物も済ませて、気分良く帰って来たのだが・・

 息子に年寄りが自転車に乗って転倒すると骨折が多い。今は新型コロナのせいで入院することが不可能に近いから、乗らない方が良いと説教された。

 ので、しばらく自転車を乗ることを控えることにしました。コロナが終息するまで・・?!

ということで散歩するしかないので足をいたわりながら、歩く!!

 今日は土曜日、大学入学共通テスト、一日目のせいだと思う。高校のグランドには誰もいなかった。コロナの緊急事態宣言もあるのだろう。

 歩くと痛みが起こるので、ゆっくりと。2㎞と少し。水鳥を見ながらの静かな時間だった。

冬の南但は

 今にも雪が降って来るような空だけど、実は逆で雪雲が少しづつ去っていく情景!!晴れ間が広がっていく。広い田んぼのあぜ道に立っている。他には誰もいない。実は雲の中にはトンビが大きく輪を描いているのだが・・・

 雪雲が去っていき、徐々に晴れて来る予報、雪も消えたから散歩に出かけた日。町を抜けて、田んぼに向かった。田んぼの真ん中を走る道は歩く人も車も走らず、晩秋にいた虫もカエルも見られない。たくさんのイナゴが飛び交っていたんだけど。よく観察すれば生き物を見つけることができるのだろうが、そこまでの興味がなくて・・・(^^;;

↓こちらは生野、姫路方面に向かって・・・

振り返って北!豊岡出石方面、晴れ間がかなり広がっている。

 晴れるという予報だったが、晴天にはならなかった。それが但馬というところ・・・

 ということで散歩は4㎞と少し、けどね〜 靴が良くなかったのか、足が弱くなったのか?足裏が傷ついてしまって・・痛い!