ふとんを干しながら思う・・

 今日は暖かくて、良い天気!久々にお布団を干そう!と思った。

 ここ但馬は天気が雨が多く、天候も変わりやすいので、ふとんを干すという習慣がない。私が横浜から越してきた頃、晴れた日に屋根の上に布団をいっぱい並べたら変わった人!と思われた。それでもふとんを干した後の匂いが好きでよく干していたっけ。

 今回は30分経ったら、ふとんを裏返すということにした。その間に他のことをしていると、30分って直ぐにきて、結構、忙しい!!せっせと仕事をこなしているといい気持ちになる。じっと家の中で過ごしていても、こうして外に向かって全開している開放感かな。

 こんなに晴れた日は窓のカーテンも全開にして、お日様を歓迎する。窓辺に置いている、この彫塑は50年前に買ったマイヨールのレプリカ、実際の大きさかどうかはわからない。あの頃は毎週日曜日に高田馬場で彫刻を教えていた橋本先生のアトリエに通っていた。ロダンもマイヨールも好きだった。2008年にフランスのマイヨール美術館で観たのだけど、たぶん、同じものを目にしたような。。。

 これは大学時代の恩師、長沼孝三先生の作品です。

 結婚のお祝いでいただいた先生のレリーフです。

長沼先生の彫塑館です。https://www.bunkyounomori.com

 ずっと行きたいと思いながら、行けてません。

 ふとんを干すために外を身をのりだして、周りを見るのは久々!!そうそう、この前から気になっていたことがある。それはこのトネリコの木の枯れ方。

 トネリコはバットなどに使われる弾力性が高い木なので、こんな風に重い雪がのると耐えられないのだとつくづく思う。この木は雪の多い場所には不向きなんだと思う。雪を落とす作業をしないといけない。それはちょっと今の私にはキビシイな!

 あれこれ思って、何度もふとんを替えて干して、もう2時半、そろそろ終わりにしよう!

 こんなに良い日なのに外を歩く人は少ないような・・と思っていたけど、徐々に家族で散歩する人、押し車に頼りながら友人と話している老人も。そうそう、こんな日は散歩だよね。

 

Comments are closed.