散歩は川沿い

 今日は久々の晴天! 家で過ごしているのはもったいないと散歩に出かけた。家から円山川に一番近いコースで行く。それでもそこまで10分近くかかる。おっと特急が!!この鉄橋の下を潜って進む。

 川沿いは生活圏ではない。いくつかの橋の下をくぐる。以前、この場所を自転車で走って、溝に蓋がなく怪我をしたっけ。。http://yume-tsumugi.net/archives/3428

 次の橋を抜ける。ここは今も生活圏のようだ。間に線路があるので・・少し危ないけど。昔からの階段もあり普通に使われていたのだろう。

 次のバイパス道路の橋の下をくぐり、振りかえる。ここまでは河川敷が藪に覆われて、川面が見えにくい。

 川に並行して、鉄道が走り、その先に家々が並ぶ。この通りは旧道で古くからあった場所。

 さて、もうひとつの橋をくぐって、やっと川が近くになった。

 川の水は意外と澄んでいる。水鳥が泳ぐ。これを見たくて来たのだけど、私の携帯はここまでが限度なので鳥の種類が特定できない。最近はカメラを持って行くのが重いし邪魔なので。携帯を新しくすれば良いのだろうけど・・・

 鳥は少しでも近寄ると逃げてしまうので、じっと動かない岩のようにならないと無理なのかも。そこまでは寒くて無理よ。(^^)

 川沿いを歩いていると途中で1mほどの水路が先を遮る。まさか飛ぶのは無理だから、迂回する。河川敷に造られて、今は使われなくなった公園を横切って進む。

 おっと、特急が姫路方面に走りすぎた。最初に見たのは山陰線、こちらは播但線。どちらもコロナ自粛で乗客の姿が確認できなかった。

 ここから、川沿いに移動する。が、鳥たちはいなかった、たぶんもう少し上流にいるのだろう。

 もう少し歩く。振りかえると町がかなり遠くなった。

 この場所から粟鹿山が見えるというのを知った。この山はこの辺りでは最も高い山で登山道が設備されている。30年ほど前にはよく登った山。気楽に登れるので犬を連れて登ったりした。あの頃は鹿にあったりすると感激したが・・

 そろそろ帰るとするか!と。雲もなく太陽がさんさんと光を放っているので撮る。まるで夕方のようになって・・・それなりに美しい!

 そして、今来た道を帰った。歩いた距離は約4㎞、所要時間は1時間を超えていた。舗装されていない場所なので足場がよくはない。以前に比べると登ったり降りたいするのが危ういのを知って、これはまずいとつくづく思った。

Comments are closed.