つばめ…雛が

 我が家のベランダにある巣に来たつばめ、私を警戒しながら、卵を抱き続け、とうとう雛が孵ったようです。

糞を受ける新聞紙に割れた卵がふたつありました。

 二羽の雛がいるのでしょうね。時に留守をするようですが、以前に比べるといつも巣にいて、雛を守ってます。

 糞が落ちるので新聞紙を変えようとすると親鳥は飛び去ります。警戒しなくても良いのだけど…と言っても彼らには通じないですね。ある時は二階の窓を開けて外を見ていると電線に止まっていたつばめが私の近くに飛んできて飛び去りました。?と思ったけど、あれは威嚇だったのですね〜

 今も餌を運んで来ました。私の姿を確認すると急いで飛んで行きました。まあ馴染むはずはないですよね。そうそうつばめは人が住まない家には寄り付かないんだそうです。人が居るから、天敵にから守られるということ!この場合、持ちつ持たれつの関係ではないけど、そういったことって、面白いですね。

暗くなると、もう一羽は必ず、玄関のセンサーの上で休んでます。

 これも人が守っているのですね〜

 

Comments are closed.