10年目の庭

 庭を作るにあたって、庭師さんから、どんなイメージの庭ですか?って聞かれました。小さな小川が流れるイメージかなって、応えました。「祖父の庭」(http://yume-tsumugi.net/archives/991)に似ているわけでもないのですが、そこに身をおくと想い出が走馬灯のように湧き上がります。想い出に浸る歳になったのでしょうね。「祖父の庭」を読み返しながら、こんなことを書いていたんだと思うと同時に、すでにそれを忘れていることに、ここ数年の変動を感じてしまいます。

 

 

 そして小さな小さな川が流れている庭ができて、今年で10年になろうとしています。2013年に書いた日記(http://yume-tsumugi.net/archives/1367)の頃よりも木々の重なりが密になっている。深い森のイメージになってきていて、庭は想い出を越して新しい世界を展開し始めている。これは嬉しいことだと思うのです。

 

 

エビネラン!

 時間がある時に雑草の整理をしないといけないです。整理って言うのは取るか取らないかという。。深い森のイメージですからね。

 

Comments are closed.