大型客船

この国はサンゴ礁に囲まれた島、首都スバは自然がつくった湾をうまく利用して大きな船が寄港できるようになってます。大きな客船が寄港するとタグボート(引船)と水先案内船が実に上手く港に接岸させます。たまたま港がよく見えるホテルに長く逗留しました。

様々な大型客船が寄港しました。特に2015年10月は多かったです。

初めて見たのは2015年5月でした。「SEA PRINCESS」

次が6月になって、「LEGEND SEAS」

平行しているオレンジ色のこの小さな舟はPILOT、水先案内船です。

6月8日 アメリカ軍の病院船。日本の自衛隊員も乗ってました。

日本に帰国し、9月に再び訪れました。そして同じホテルに逗留。

10月10日、「VOLENDAM」と「CARNIVAL REGEND」

10月17日、「P&O」( PACIFIC PERL )二隻の舟タグボートは港の入り口から誘導し、接岸のために船の向きを変えます。

寄港すると、いつもフィジー警察の音楽隊が迎えます。

10月18日、「DAWN PRINCESS」

10月19日、「HOLLND AMERICA LINE」

10月25日、「 HAPAG LLOYO 」近隣を廻る船かしら

10月28日、「Celebrity SOLSTICE」.  大きい!

接岸中、乗客が。。。いろんな国の人が乗ってるようです。

20月29日、「COSTA LUMINOSA」 これも大きい。すでに他の船が寄港し接岸しているのですが…

接岸は波止場角キリキリに寄せ、ロープで固定します。このぐらいの船の大きさだと大がかりですね。

その後、11月に入ると客船は来なくなりました。11月の中頃、ホテルから港が見えない所に引越したのでそれからのことはわからないです。

大きな客船はのんびりと世界を廻るという夢がありますね。

でも、こんな舟で休日を楽しむのも良いですね。

 

Comments are closed.