危ない!落とし穴

まったく・・・こんなことが起ころうとは。。。という話です。

ニュージーランドから家に戻って、2日後、14日の夕方になって、例のカワアイサのその後を知りたくて、自転車で出かけました。円山川沿いの土手にある桜並木、NZに行く前はまだ咲き始めだった桜も散って、緑の葉がふさふさと風に揺れてました。山々は様々な緑色のハーモニー、それだけで嬉しくなる季節が始まってました。

春-2016.4.1

ここはカワアイサがいた場所、玉置橋周辺。10日前に比べると俄然、水量が多くなり、堂々と流れている。水鳥が少なくなって、当然、カワアイサの姿は見えなかった。とうとう北に向かっていってしまったようだ。

さて、私はその時、この写真の右手の護岸、橋の下を自転車を引いて歩いていた。カワアイサがいないことを確認して、前を見れば、自転車で走るにはちょうど良さそうな道、と自転車に乗った。

春-2016.4.2

自転車は快調に走る。が・・・

IMG_2614

春-2016.4.4

気づいた時はすでに避けられない位置まで来ていて・・左に避けたとしても、ゴロゴロしたコンクリート面、どっちにしても転倒は免れない。でも結局、避けることができない位置にいたと思う。

突っ込む瞬間、タイヤが上手く抜けるだろう!なんて、思ったのですが・・現実は

受けた傷の様子から考えられるのは、転倒する時、最初に左の太ももが自転車のどこかに当たって、それが大きな衝撃を受け止めたように思えるのです。次に落ちる時に右側の顔面とハンドルを握っていた両手がコンクリート面に当たったのでしょう。中央の前歯二本と唇からの出血でジャケットは血だらけになりました。まったく・・・出血って、ホント!ショックが大きいですね〜

少し落ち着いてから、立ってみると動けるので、ちょうど上にある整形外科で診てもらおうと、ジャケットを脱ぎ、チェーンの外れた自転車を引いて上がったのですが、すでに閉まっていた。あきらめて近くの自転車屋さんに行った。彼は驚いた様子でしたが、チェーンを直してもらって、血だらけの顔を水で流させてもらって、とにかく家に帰りました。家族も。。。びっくり。あちこちが擦過傷と腫れ!!湿布と保冷剤で冷やして。。さすがにその日は寝られなかったです。

次の日、歯科と整形外科に行き、骨折はしてないことを確認、一安心しました。

それから12日が過ぎ、しっかりと治療に専念した結果、今は90%、快復しました。

載せてる写真を撮ったのは18日、足は太もも以外は何もなかったので散歩は可能でした。擦過傷の顔をマスクで隠して。。それでも散歩以外は寝てました。。集中力がなくてね!

同じ18日、ここは玉置橋から下流に500mほど、昔からの散歩道です。春はあっという間に終わってしまうから、少しでも感じたいですよね。散歩道の春!!

春-2016.4.7

春-2016.4.8

Comments are closed.