移動の日

朝、和田山を一番の特急に乗って、、、浜松に戻ってきた。

8時8分、プラットフォームから見えるのは和田山駅のシンボル、機関庫。
今朝は靄が辺りを覆っていた。

8時47分、車窓からの景色も遠くはほとんど見えない。

こんな日は晴天になるのだが。9時2分、まだまだ。。

9時4分、日の光が感じられたとたんに。

うそのような晴天!に変わった。

京都で用事を済ませ、一時間ごとに出るいつものひかり号に乗る。

浜松まで1時間と10分。

今日は浜松駅から、浜松市の循環まちバス「く・る・る」に乗った。

そんな移動をこの5年間、行ったり来たり。。

その5年間で変化したことが多い。健康面も交友関係も。プラスもあればマイナスもある。

なによりも大学進学で我が家を出て行った息子達が15年以上経って、家庭を持ち子どもが生まれ、こちらは孫が、、お互いに家族間の交流が頻繁になった。夫婦だけで暮らした日々よりも自分の時間は拘束されるが喜怒哀楽全てが実に後味の良い気分になるのを発見した。核家族だとか、個々の自立だとか、そういう時期を通り過ぎて、今はスープの冷めない距離での大家族って、良いじゃん!って思うようになった。

Comments are closed.