雪が積もると

 大晦日に積もった雪が多くて、なかなか溶けない。その中を歩いて郵便局まで行った。雪が積もると歩行者は危険になる。車道は除雪されているが、歩道は人が歩いた足跡が雪の中に残っている。ここを歩きたくはない。

 ということで車道を歩くことにする。車が来なくて良かったけど、たいていの人が車道を歩いている。この道は公道です。

 公道から生活道に入ると、かろうじて除雪されてはいるけど、車がすれ違うには雪に突っ込むことになり、この二台の車は互いに躊躇していた。

 途中で曲がって、まっすぐに進むと市庁舎の通りにつながる道に入る。この道は除雪車が入らないので車道に雪が残る。住む人達が歩道をあけているので歩きやすい。

 駅からの道に交差しているこの場所に来ると歩道は全くあけてない。ここは役所と銀行があり、正月休みで全てが止まっている。

 ここは車道を通るしかない。次の角まで来るときれいに取り除かれた道となる。右に市役所がある。が、歩道は雪で埋まっている。

 この横断歩道を見ながら振り返るとこんなです。あきらかに除雪車が通った場所との違いがわかります。除雪車は雪の深い場所に住む人達がその代金を負担してます。ので、それを払ってない所は除雪されないのです。そういうことは住んでみないとわからないですね!

 久々の大雪でしたが、何年か前に比べると雪あけする人が少なくなりました。正月休みということと新型コロナ感染で家族が少ないせいもあったのでしょう。

Comments are closed.